装置:代表的な「歯の矯正装置」

■マウスピース型

マウスピース型

取り外しが可能なマウスピース型です。

【重要】マウスピース型の矯正には、以下の特徴がございます。

1、1日20時間以上の装着が必要となります。

2、軽度の症状の改善に限定されます。

3、臼歯(奥歯)の圧下が起こり、上下の歯で噛まなくなる場合があります。


4、ワイヤー矯正の併用が必要となる場合があります。

 

5、虫歯予防の為の十分な衛生管理を怠ると、虫歯が多発します。

■メタルタイプブラケット(金属タイプ)

メタルタイプブラケット

金属色の器具のなかでも治療効果のある、より小型のものを使用しております。

■セラミックタイプブラケット(透明タイプ)

半透明色タイプブラケット

半透明タイプで、歯にやさしいセラミック/プラスチックの、コンポジットのブラケットを使用しています。


さらに白いワイヤーの使用も可能です。
※写真は金属ワイヤーを使用しています。

■裏側矯正(見えない矯正)

フジタメソッド

歯の裏側(内側・舌側)からの矯正です。

【重要】裏側からの矯正には、以下の特徴がございます。

1、装置が見えにくく、気付かれにくい。

2、表側の矯正よりも、治療期間が多くかかる場合があります。

3、装置に慣れるまで、4~6週間ほど必要とします(※個人差あり)。

当診療所は「フジタメソッド(内側矯正)研究会」会員です。
(内側矯正の発明・開発者:藤田先生より1993年、研修修了認定証授与)

Copyright(c) 2014 中野矯正歯科診療所